LINEPay(ラインペイ)で『LINEポイント』と『LINEクーポン』を使う方法を紹介

元気ですかー!元気があればなんでもできる!

まいどおなじみbanです。

 

今回は、LINEPay(ラインペイ)で【LINEポイント】と【LINEクーポン】の使い方をご紹介させて頂きます。LINEPay(ラインペイ)の【LINEポイント】と【LINEクーポン】を使って普段の生活をお得に過ごしていきましょう!

 

それではどうぞ

 

LINEポイントをつかう方法

LINEポイントを使う方法はLINEPay(ラインペイ)の画面上側にあるLINEポイントと表示の右側にある赤枠部分をタップするだけです。

赤枠部分にチェックマークがついた状態でQRコードを店員さんに見せればLINEポイントをつかって支払いをすることができます。

 

LINEポイントは【タダ】で貯めることができる!

意外と知られていない豆知識です。LINEポイントって実は【タダ】で貯めることができるんです。まずは、LINEを開いて【お財布マーク】をタップします。

 

次に画面中央にある【LINEポイント】をタップします。

 

次に以下の画面になります。『新着』をタップしましょう。

 

新着の中のひとつ【Pasha】は『イベント内容をチェックするだけ』で1ポイント獲得することができます。やってみましょう。【Pasha】をタップします。

 

次に画面中央にある『イベント内容をチェック』をタップしましょう。

 

アプリケーションを選択は好きなアプリケーションを選んでください。今回は『Yahoo!』で開いてみましょう。これで1ポイントが追加されました。

 

今回は『新着』でポイントを獲得しましたが、新着以外の項目でも対応できますので是非トライしてみましょう!

 

LINEクーポンをつかう方法

LINEクーポンをつかう方法は、以下となります。まずは、LINEから【お財布マーク】をタップしましょう。

 

画面右側にある【クーポン】をタップしましょう。

 

今回は、『マクドナルド』のクーポンを使ってみましょう。画面上側にある『マクドナルド』のマークをタップしましょう。

 

 

次に以下の画面になります。好きな商品をタップしましょう。今回は『フィレオフィッシュセット』をタップします。ちなみに通常価格490円→400円と90円も安くなります。

 

次に以下の画面になります。画面下にある【クーポンを使う】をタップしましょう。

 

次に以下の画面になります。番号を店員さんに見せれば完了です。これでクーポン価格で買うことができました。

管理人の独り言 キャッシュレス化は2027年までに決済比率4割に!

管理人の個人的な意見となりますが、日本は2027年までにキャッシュレス化(=電子決済化)の決済比率を4割まで増やすことを国の方針として決めました。

※「未来投資戦略2018」(2018年6月閣議にて決定済み)

参考文献:キャッシュレス決済に関連する市場規模等

 

2027年まで4割までキャッシュレス化の決済比率を4割まで増やしていくために『国』は国民に電子決済することでのメリットを多く提示していくと思います。(国が電子決済に関連した企業を補助金などでバックアップしていくのではないかと考えています)

 

2027までの間に電子決済がお得であることを国民に植え付けていく必要があることからこれから『電子決済』を使うほど得をしていき『現金主義』の方はどんどん損をしていくお金の流れに変わっていくと考えています。

 

そういった流れがわかったら善は急げです。2027年になって気付いたらお得な期間が終わっていて電子決済の使い方すら知らないといった風にならないように、はやいタイミングで『ラインペイ』などで電子決済を体験してみることをおススメします。(管理人は電子決済でクーポンやポイントで日々お得に生活しています。このままいけばラインペイだけで年間10,000円ほどお得になりそうです)

LINE

LINE
開発元:LINE Corporation
無料
posted withアプリーチ

 

まとめ

如何でしたでしょうか?今回は、LINEPay(ラインペイ)で【LINEポイント】と【LINEクーポン】の使い方をご紹介させて頂きました。

 

LINEをやっているのに意外にみなさんが知らないお得情報です。LINEPay(ラインペイ)の【LINEポイント】と【LINEクーポン】を使って普段の生活をお得に過ごしていきましょう!

 

おススメ記事

>>ラインペイ使える店舗88店紹介!楽天銀行で使えば更にお得になる方法も紹介

 

>>LINE Pay(ラインペイ)『おススメチャージ方法』と『おススメ理由4選』を紹介

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました