楽天カードポイント貯め方おススメ4選!年間7万5600円も得する方法紹介!

元気ですかー!元気があればなんでもできる!

まいどおなじみbanです。

 

今回は、続々使える店舗が増えている『楽天カード』の『ポイントの貯め方おすすめ4選』年間7万5600円も得できる方法のご紹介です。楽天カードは『100円→1P→1円』と変換率も高いのでとてもおススメのカードです。

 

それではどうぞ

 

楽天カードとは

楽天カードとは、貯めて、使えて、交換できる便利なポイントサービスです。貯まったポイントは、1ポイント1円として、楽天グループやその他 サービスで利用することができます。

 

街のお買い物で楽天ポイントカード機能付き楽天カードを提示するだけで100円につき1ポイント貯まります。楽天市場や街でのお買い物に加え、楽天トラベルなど楽天サービスでのご利用で使えば使うほどポイントUPします!

 

スマートフォンでも対応することができます。

楽天ポイントカード(RakutenPointCard)

楽天ポイントカード(RakutenPointCard)
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

 

楽天ポイントの貯め方 おすすめ4選

楽天ポイントを貯めるおススメ方法4選をご紹介させて頂きます。

 

おススメ理由1:普段の買い物は『楽天カード』を使うべし!

コンビニやスーパーやネットで買い物を『楽天カード』を使って買い物をすることをおすすめします。『楽天カード』で支払うことで100円=1P貯まります。1P=1円の価値があります。

 

普段生活している際にコンビニやスーパーやネットで1か月どのくらいのお金を消費していますか?管理人は家計簿をつけており、月平均30,000円ほど使っていました。(生活費、家賃、光熱費は別です)

 

毎月30,000円使っていた場合、『楽天カード』で支払った場合と『現金』で支払った場合では以下となります。1か月と12か月で比較してみましょう。結果、12か月で3,600円も得します

支払い条件1か月利用額還元率ポイント12か月
楽天カード30,000円1%300P(=300円)300P×12=3,600P(3,600円)
現金30,000円0(=0円)0P×12=0P
差額  300P(=300円)3,600P(3,600円)

年数が経過するほど、差額が万単位で得していくことが上記の計算からわかります。さらに使っている金額も上がればさらに差額が大きくなっていきます。

 

おススメ理由2:携帯、電気、ガス、保険は『楽天カード』を使うべし!

携帯代、電気代、ガス代、保険代は『楽天カード』で支払うことをおすすめします。これも先ほどご紹介させて頂きました通り毎月必ず支払うお金となりますので、銀行口座から自動引き落としで終了させるのではなく、楽天カードから自動引き落としにすることでお金を支払うと同時に楽天ポイントを獲得しましょう。

 

ちなみに上記生活費を5万円で計算した場合、『楽天カード』で支払った場合と『現金』で支払った場合では以下となります。1か月と12か月で比較してみましょう。結果、12か月で6,000円も得することができます

支払い条件1か月利用額還元率ポイント12か月
楽天カード50,000円1%500P(=500円)500P×12=6,000P(6,000円)
現金50,000円0(=0円)0P×12=0P
差額  500P(=500円)6,000P(6,000円)

年数が経過するほど、差額が万単位で得していくことが上記の計算からわかります。さらに使っている金額も上がればさらに差額が大きくなっていきます。

 

 

おススメ理由3:買い物は『楽天市場』+『楽天カード支払い』で還元率UPすべし!

『楽天市場』+『楽天カード支払い』することでポイント還元率が1%(100円=1P)→3%(100円=3P)に上がります。

 

『楽天市場』では、日常生活品や洋服、ゲーム、電化製品、家具などほとんどのものを購入することができます。極論生活費のほとんど『楽天市場』+『楽天カード』で支払うとたった1か月で『現金支払い』している人と大きな差額が発生するのです。

 

ちなみに上記生活費を5万円で計算した場合、『楽天カード』で支払った場合と『現金』で支払った場合では以下となります。1か月と12か月で比較してみましょう。結果、12か月で18,000円も得することができます

支払い条件1か月利用額還元率ポイント12か月
楽天カード50,000円3%1,500P(=1,500円)1,500P×12=18,000P(18,000円)
現金50,000円0(=0円)0P×12=0P
差額  1,500P(=1,500円)18,000P(18,000円)

 

 

おススメ理由4:出張、旅行は『楽天トラベル』+『楽天カード』で還元率UPすべし!

楽天トラベル』+『楽天カード』を使うことでポイント還元率が4%、更には30%以上にすることができます。以下のプランによりポイント還元率を上げることができます。出張が多い方、旅行が趣味の方には強くおすすめします。

【さき楽キャンペーン】28日前に予約すると、ポイント還元率が最大4%になります。

【掲載プラン限定】ポイント還元率が30%~になります。

 

 

ちなみに毎月出張に行かれる方で毎月2日泊まる方がいるとして、1日6,000円×2泊=合計1万2,000円の宿泊費で計算した場合、『楽天カード』で支払った場合と『現金』で支払った場合では以下となります。1か月と12か月で比較してみましょう。結果、12か月で48,000円も得することができます

支払い条件1か月利用額還元率ポイント12か月
楽天カード12,000円30%4,000P(=4,000円)4,000P×12=48,000P(48,000円)
現金12,000円0(=0円)0P×12=0P
差額  4,000P(=4,000円)48,000P(48,000円)

 

楽天カードはスマホでも対応できます

楽天ポイントカード(RakutenPointCard)

楽天ポイントカード(RakutenPointCard)
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

 

楽天カード『お客様総合満足度No1』3つの理由

楽天ポイントは「昨年もっとも貯まったポイント」「ポイント総合満足度」「もらってうれしいポイント」ランキングのすべてにおいてNo.1の評価をうけています。その理由を、以下にご紹介させていただきます。

 

おススメ理由1 1万ポイント以上もらったお客さんが1,720万人もいる!

 

これまで 1 万ポイント以上(現金計算で10,000円)をもらっている人は1,720 万人を突破しています。さらには5万ポイントを突破している人は640万人、10万ポイント以上もらっている人は330万人もいます。それほど楽天ポイントは貯まりやすいのです。

 

おススメ理由2 楽天市場でポイントがザクザク貯まる!

楽天市場は、4万店以上のショップ、2億商品以上の品揃えだから、あなたが欲しいものに必ず出会えます。

 

ふだんの日用品も、デパートで買う贈り物も、まずは楽天市場で探してみましょう。同じ出費なら、ポイント還元率がいつでも高く、効率よくポイントが貯まる楽天市場を選ぶのが賢い選択です。

楽天ポイントカード(RakutenPointCard)

楽天ポイントカード(RakutenPointCard)
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

 

縦軸が『ものを買う場所』で横軸が『支払い方法』です。『ものを買う場所』と『支払い方法』を少し考えるだけで10万円のものを買って1万5000円相当のポイント還元があります。

 現金で支払うEdy-楽天ポイントカードで支払う楽天カードで支払う
楽天市場(アプリ)2%2.5%最大15%
楽天ポイントカード加盟店1%1.5%2%

その他のECサイト/加盟店以外のお店

0%0.5%1%

 

 

おススメ理由3 色々なシーンでポイントを貯めることができる!

楽天市場でのお買い物に加え、街なかでのお買い物でもポイントを貯めることができます。旅行やレストラン予約、資産運用やモバイル利用など、生活を楽しく便利にする楽天の多彩なサービスとも共通なので、いつもの生活で簡単に貯めることができます。

 

ポイントは『通常ポイント』と『期間限定ポイント』がある

楽天ポイントには『通常ポイント』と『期間限定ポイント』の2種類のポイントがあります。特長を以下にまとめました。

ポイント名称特長
通常ポイントポイント有効期限は最後にポイントを獲得した日から1年間となります。期間内に1度でもポイントを獲得した場合は、 有効期限が延長となります。 =定期的に楽天ポイントを獲得することで半永久的にポイントを貯め続けることができます。
期間限定ポイント特定のキャンペーンなどで付与され、それぞれ固有の有効期限が設けられています。有効期限を過ぎると自動的に失効します。=定期的には楽天ポイントを貯めることができない為、都度時期を見て使うようにしましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、続々使える店舗が増えている『楽天カード』の『ポイントの貯め方おすすめ4選』年間7万5600円も得できる方法をご紹介させていただきました。楽天カードは『100円→1P→1円』と変換率も高いのでとてもおススメのカードです。

 

最後までご覧頂きまして有難う御座いました。次回も是非ご覧頂ければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました